50代以上のミドル転職には転職エージェントが欠かせない理由とは?

  • 72jwLmBZE3
  • 2019年6月21日
  • 50代以上のミドル転職には転職エージェントが欠かせない理由とは? はコメントを受け付けていません。
  • 転職でおすすめは?

転職エージェント 50代
かつては50代と言えば定年間近でしたが、現代では働く年月はますます伸びており、50代といえどまだまだ現役バリバリの働き盛りです。さらなるキャリアアップを目指して転職する50代以上の方も増加中です。

50代以上で転職を考えてる方には、転職エージェントの利用をおすすめしています。なぜならば、キャリアの客観的な視点からの見直しと転職先との相性という2つの点で強力なサポートを期待できるからです。

キャリアを客観的に見直すことは年齢を重ねるほど難しくなります。仕事で積み上げた実績や経験は大きな武器となり、50代に差し掛かるころにはある分野部門のエキスパートとして活躍していることでしょう。

ところが、ある分野に特化してしまうと、その分野の外や社外から見て自分がどのような立場であるのかを見つめ直すことが難しくなってしまうのです。

周囲の人に助言を求めるという方法もありますが、ある程度の地位を築き上げてきた50代のエキスパートに対しては周囲も遠慮します。

助言を求められても、周囲は無難で当たり障りのない態度を取ります。言わば裸の王様状態になってしまうかもしれません。

転職エージェントならば、キャリアの見直しに関しては、私情も挟まず忖度もしません。時には耳が痛い助言もあるかもしれませんが、だからこそ自分のキャリアを徹底的に見直すきっかけを与えてくれるのです。

また、50代で実績あるエキスパートが転職する場合、能力面よりも企業との相性が重要になってきます。仕事のやり方、進め方に確固たる方法論を持っているエキスパート。その方法論が企業と相性が悪い場合があります。

20代、30代の転職者は時間をかけて企業のやり方を学ぶことができます。しかし、50代以上となるとその時間はありません。

相性の面でミスマッチが起こると、転職者は能力を発揮できず、企業も貴重な人材を使い潰してしまうことにかります。こうした相性の問題の解決に一役買うのがエージェントです。

転職希望者と企業の双方をマッチングすることで、お互いがベストな関係性を作れるように働いてくれます。

中立的な立場であるエージェントに相性の判断を委ねることで、転職のミスマッチを未然に防ぐことができるようになりますよ。